FC2ブログ

カボチャの定植(4/30)


カボチャは 去年と同じ2畝で作ります。

苗づくりは 最初失敗した。
4/4 再種まきして育苗した苗です。
カボチャ5株に ゴーヤを1株同居します。

ロロン2株とえびす3株の2種類。


前作は 白菜と 株などのアブラナ科でした。
残渣はできるだけすきこみます。

カボチャ 第1畝 TB5-6 ロロン1株 えびす3株 など
カボチャ 第2畝 TB5-7 ロロン1株 えびす2株 ゴーヤ1株よてい。
#交互連作リレー

ズッキーニ1株をSF4-2定植

------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング

------画像-----
4/30 植え付け
4/30DSC_0731_R.jpg
4/30 植え付け
DSC_0735_R.jpg
4/30 植え付け
DSC_0736_R.jpg
4/30 植え付け
DSC_0737_R.jpg

4/13 畝づくり
DSC_0557_R.jpg
****point*******
カボチャは連作が可能です。
---------data---------------
4/13 畝づくり  マルチ完成
    目下育苗中 ようやく本葉が顔を見せてきました。
4/4 ロロンとえびす ポット種まき  坊ちゃんは古種で発芽遅れ。
4/30 ロロン2株 えびす3株の種まき
---------昨シーズン---------------
春まき 夏取りカボチャ
3/18  種まき 4/9 種まき
4/3 カボチャ2畝完成 2畝は種で常ぎます。
5/1 定植 ロロン2株 TB5-6
6/5 ダコとアファームの情毒
6/25ごろ 地上近くのものが猿と思しきものにもぎ取られる
6/27 着果したもの 7個
7/2 サイズ的には収穫サイズのロロンを引きちぎられました。
   防獣ネットでカボチャ畝を取り囲むことにしました。
7/26 えびす 初収穫  (袋でカボチャを覆うようにしてから被害はなくなりました)
★第1畝 TB5-6
5/1 定植ロロン2  種まき(3/19) 
5/2 えびす1  種まき(3/19)
5/28 整枝始める
6/8  ほぼネットに立ち上がる。初授粉2個
6/21 着果しているのはは 4個 京授粉したのは3個
★第2畝 TB5-7
5/5 定植 坊ちゃん 坊ちゃん 種まき(3/19) えびす 種まき(4/9)

★第3畝 SF4-2
5/5 定植 えびす ロロン ロロン 種まき(4/9)
8/20 ツルをせいりしていたら ロロン2つ出てきました。

夏まき 冬取りカボチャ
TB5-6 定植8/21 えびす2株 種まき8/5
tb5-7 定植8/22 えびす1株 種まき8/5  ホームセンター苗
9/17 成長が思わしくなく 撤収して 葉野菜を作る。
****昨シーズンdata*******
3/15 種まき カボチャ ロロン 坊ちゃん エビス
4/21 定植  TB5-6 坊ちゃんとロロン
         TB5-6 エビスとエビス
同じ畝に ゴーヤも作ります。
5/12 TB5-6とTB5-7に棚を渡し立体栽培に ネット開始
5月末からゴーヤが茂り始める。 ネットはかぼちゃ委占領されているので最後にゴーヤを誘引する。
7/2 エビスの初収穫
7/8 サルの襲来を受ける。 カボチャ数個持ち逃げされる。
7/10 サルの再襲来を嫌いすべてを収穫して終了とする。
****昨昨シーズンdata****
3/13種まき
ロロン 坊ちゃん 栗えびす 雪化粧
4/6 定植
SF4-8 坊ちゃん2株 SF4-7 ロロン1株
3/21 追加種まき  第1弾発芽思わしくなく追加
4/25 定植 ロロン 栗えびす 雪化粧 4/26 風よけアンドン設置
7/31 SF4のかぼちゃ すべて生育不良でだめでした。
☆冬至かぼちゃ
定植 TB3-4 とりあえず先日HCで買った苗を植え付けました。
定植 8/23 坊ちゃんかぼちゃ
TB3-1 2株 TB3-4⑴株



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



パプリカ定植(4/30)


パプリカは トウガラシ類としてグループ化します。

パプリカの定植です。
SF2-2 ごぼう畝に同居。
パプリカ 育苗していますが 
未だ苗小さく 定植は遅れそうです。

畝はSF2-2

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
------画像-----
4/30
DSC_0713_R.jpg

DSC_0714_R.jpg

DSC_0716_R.jpg


<***point*******
苗は買うことにしています。
性質はトマトとナスの中間になります。
整枝は支柱を横に渡し 吊ります。
--------data-----------
★ピーマン シシトウなど
4/14 定植  TB2-6 M 鷹の爪 万願寺 ピーマン2 シシトウ2 
★パプリカ
4/30 SF2-2 パプリカ赤定植 ごぼう畝に同居
--------昨シーズン-----------
4/6 定植  SF2-3 M 京みどり 京みどり シシトウ シシトウ 鷹の爪
5/15 成長しています。  成長はこれから加速することを期待。
5/18 第1花がさいたので 下の脇芽をとりました 初収穫まであと1月か
5/28 畝脇にほかし肥の追肥
6/6 ピーマン シシトウには 2~3cmの実がたくさんつき始めました。
   ダコとアファームで消毒
6/8 横棒に吊ることを始めました。 収穫は間もなくでしょう。
6/10 シシトウ・ピーマンの初収穫 ほかし肥の追肥
7/21 整枝と追肥
*****昨シーズンdata******
4/25 トウガラシ類の定植
SF3-2 右から ピーマン2 シシトウ2 万願寺1本 計5本 株間50cm
SF4-7 タカノツメの定植(やっと植場所がSF4に決まりました)
5/19 1番花より下の脇芽を外していきます。
6/2 追肥
6/9 実はしっかりしてきました。吊り栽培にしす。
6/17 ピーマン シシトウ初収穫
11/19 撤収
支えは 3本の横木。 横木から紐で巻いて引き上げる。もう少し背が高い方がよかったようです。
-----------------------------------


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

共同畝・レタスの収穫(4/28)


3月播き 春取りの共同畝です。
白菜 レタス 大根の 共同畝。 

レタス 白菜は 購入苗を植えつけています。
レタスはいい感じに成長しています。
虫食いもなくきれいです。 3月B定植は来年も。

白菜は 巻くかどうか微妙です。
種まきダイコンはいい感じです。

TB2-7 白菜 レタス 大根など

---------------------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
------------画像---------------
4/28 レタスの収穫
DSC_0756_R.jpg
4/28 レタスの収穫 TB2-7の共同畝
DSC_0757_R.jpg


4/2 三太郎 種まき 5本分
DSC_0432_R_R.jpg

----point-----
ポイントは虫よけか
秋野菜の大根 白菜 キャベツはそれぞれの畝で栽培しますが
さきがけで早く収穫したいために それらを共同畝で少しずつ作ります。
好ましくは 9/20に開始したい。
今年は 9/28にはじめてますが好ましくは
 9/20 大根の種をまく 3~4本分
     キャベツ 白菜  苗を買って2株ずつ育てたい。
防虫ネットを張っているが虫食い穴があるかどうか
穴が見つかったら 対策を!
--------data-------------
★夏の共同畝 SF3-3
7/8 夏どりきゃべつの定植 種まき=6/15
7/X 白菜の定植(サマーサラダ)
7/21 白菜(極意) キャベツ(金風) 各2株定植 苗はHCで購入 
    キャベツ 白菜 大根はまだまだ先です。
★秋の共同畝
8/30 定植 種まき
   畝の北側 レタス 綾里 レタス 耐病60日 おきにいり    大根2株  
   畝の南側 綾里  レタス 耐60 レタス   時なしきゃべつ 大根2株 
9/15 ほかし肥と888化成肥料の追肥と アディダコでの消毒
10/3 リーフレタス 初収穫
10/26 白菜の初収穫
10/30 キャベツ 綾里の初収穫
10/31 大根の初収穫
★冬の共同畝 大根・ほうれん草の共同畝 TB5-10
12/11  大根三太郎の種まき 芽出し処理しています
12/15  ほうれん草の定植 ほうれん草の種まき
12/22 大根三太郎 発芽確認
     ほうれん草 定植苗 活着家訓ん 
     ほうれん草 種まき いまだ発芽見られず
2/14 久しぶりに中をみる。
    大根 ほうれん草とも順調のよう 大根は 間引いて1本に
★早春の共同畝 TB2-7
3/7 定植 白菜・無双2株 レタス・玉レタス2株
4/2 三太郎の種まき 5本

4月末のTB菜園の様子(4/30)


夏野菜への模様替え 進む。
今年から
 早植・遅植えにトライ。
 交互連作リレーに挑戦。

これからの参考のために月末の畑の様子を記しています。  
TB1 2009/10 ~  幅65cm 長さ270cmの畝が3本
TB2 20010/10 ~ 幅65cm 長さ270cmの畝が10本
TB4 2018/6 ~    幅65cm 長さ270cmの畝が10本
TB5 2018/10 ~  幅65cm 長さ270cmの畝が5本 幅65cm 長さ220cmの畝が5本

--------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
作付け
tb04.jpg

TB2
DSC_0748_R.jpg

DSC_0750_R.jpg

DSC_0752_R.jpg

DSC_0754_R.jpg
TB4
DSC_0744_R.jpg

DSC_0747_R.jpg
TB5
DSC_0740_R.jpg

DSC_0742_R.jpg




4月末のSF菜園の様子(4/30)


春・夏野菜への模様替え かなり進む。
今年は 早植 遅植えにトライ・
交互連作リレーに挑戦。

これからの参考のために月末の畑の様子を記しています。  
TB1 2009/10 ~  幅65cm 長さ270cmの畝が3本
TB2 20010/10 ~ 幅65cm 長さ270cmの畝が10本
TB4 2018/6 ~    幅65cm 長さ270cmの畝が10本
TB5 2018/10 ~  幅65cm 長さ270cmの畝が5本 幅65cm 長さ220cmの畝が5本

--------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
4/30 作付け
sf04.jpg
SF1
DSC_0719_R.jpg

DSC_0721_R.jpg
SF2
DSC_0722_R.jpg

DSC_0723_R.jpg
SF3
DSC_0724_R.jpg

DSC_0725_R.jpg
SF4
DSC_0726_R.jpg

DSC_0727_R.jpg
全体図
DSC_0728_R.jpg

トウモロコシ 第2畝の種まき(4/28)


トウモロコシ 第1畝 成長始めています。
第2畝 種まきです。 3畝を予定しています。
株間 30cm 千鳥の2条うえ。

第1畝 TB5-5 キャンベラ86
第2畝 SF1-8 キャンベラ86
第3畝 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

--------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
------画像-----
4/28 第2畝種まき
DSC_0703_R.jpg
4/28
DSC_0705_R.jpg

4/25 第1畝 成長しています
DSC_0675_R.jpg
*******ポイント*******
直根で深く根を張り 肥料を吸収してくれる
-----data----------------
★第1畝 TB5-5
2/27 トウモロコシ 半畝分 直播
3/20 定植 10株分 (種まき3/9) 
3/25 2/27 発芽しなかったところに種まきしました。
4/25 間引いて1本立ちに しっかり成長を始めています。
★第2畝 SF1-8 
-----昨シーズンdata----------------
トウモロコシ
第1畝 SF2-5 
3/31 種まき ピーターコーン株間30cm 2条千鳥
4/9 発芽始まる
6/12 雄の穂が出て雌の穂も顔を出してきました。 とりあえず 倒伏防止策。
6/20 防虫ネットで囲みカラス対策
7/5 初収穫3本
第2畝 TB5-7
5/2 畝の準備
5/15 定植 (4/30 ポットの種まき ピーターコーン)

第3畝 SF3-1
6/26 定植 第1回種まき ゴールドラッシュ90 
7/5 発芽の気配見えず ポット育苗 芽出し7/7 ポット上げ7/9 定植7/19
8/3 残りのスペース の定植
9/x 3本収穫
9/27 次作に備えて撤収
*******昨シーズンdata*******
★トウモロコシ第1畝 
キャンベラ90EX 時間差栽培のため 同じ畝で
定植(種まき=3/11)=4/6 種まき=4/6
6/10 雄花が咲き始め 雌花貧相 とりあえず交配を続ける。
7/2 初収穫でした。 まずまずの味でした。
7/7 最後の収穫をして終了。 半分はカラスに取れれました。
★トウモロコシ第2畝  TB8-2
種播き=5/21 うまく発芽しませんでした。やり直しです。
6/17 トウモロコシ 種まきのやり直し  サカタのピーターコーン
6/28 発芽できず。 この畝はギブアップ

7/8 TB5-9で不耕起で種まき ラッキーコーン

*******昨昨シーズンdata*******
トウモロコシ
第1畝  SF1-6
4/9 コーンの畝完成 
3/31 ハニーバンタム 種まき
4/21 畝半分 定植 10本
種まき=4/23 定植した畝の残り半分の畝 直播
6/21 受粉 ヤングコーンの収穫
7/8 初収穫

第2畝
種まき=4/26 ピーターコーン SF2-3
ほとんどまともに収穫できず。

抑制トウモロコシ 秋採りトウモロコシ
8/10 畝づくりの準備
種まき=8/18 品種=ごく甘コーン 中早生 8か所
10/12 ささやかな実はついてますがこれから太りますか!?
11/10 初収穫
11/16 収穫して終了

トウモロコシ 第2畝種まき(4/27)


トウモロコシ 第1畝 成長始めています。

残りのところに 種まきしました。
第1畝 TB5-5 キャンベラ86
第2畝 
第3畝 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

--------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
------画像-----
4/25 成長しています
DSC_0675_R.jpg

3/25 追加の種なきk
DSC_0304_R.jpg

*******ポイント*******
直根で深く根を張り 肥料を吸収してくれる
-----data----------------
第1畝 TB5-5
2/27 トウモロコシ 半畝分 直播
3/20 定植 10株分 (種まき3/9) 
3/25 2/27 発芽しなかったところに種まきしました。
4/25 間引いて1本立ちに しっかり成長を始めています。
-----昨シーズンdata----------------
トウモロコシ
第1畝 SF2-5 
3/31 種まき ピーターコーン株間30cm 2条千鳥
4/9 発芽始まる
6/12 雄の穂が出て雌の穂も顔を出してきました。 とりあえず 倒伏防止策。
6/20 防虫ネットで囲みカラス対策
7/5 初収穫3本
第2畝 TB5-7
5/2 畝の準備
5/15 定植 (4/30 ポットの種まき ピーターコーン)

第3畝 SF3-1
6/26 定植 第1回種まき ゴールドラッシュ90 
7/5 発芽の気配見えず ポット育苗 芽出し7/7 ポット上げ7/9 定植7/19
8/3 残りのスペース の定植
9/x 3本収穫
9/27 次作に備えて撤収
*******昨シーズンdata*******
★トウモロコシ第1畝 
キャンベラ90EX 時間差栽培のため 同じ畝で
定植(種まき=3/11)=4/6 種まき=4/6
6/10 雄花が咲き始め 雌花貧相 とりあえず交配を続ける。
7/2 初収穫でした。 まずまずの味でした。
7/7 最後の収穫をして終了。 半分はカラスに取れれました。
★トウモロコシ第2畝  TB8-2
種播き=5/21 うまく発芽しませんでした。やり直しです。
6/17 トウモロコシ 種まきのやり直し  サカタのピーターコーン
6/28 発芽できず。 この畝はギブアップ

7/8 TB5-9で不耕起で種まき ラッキーコーン

*******昨昨シーズンdata*******
トウモロコシ
第1畝  SF1-6
4/9 コーンの畝完成 
3/31 ハニーバンタム 種まき
4/21 畝半分 定植 10本
種まき=4/23 定植した畝の残り半分の畝 直播
6/21 受粉 ヤングコーンの収穫
7/8 初収穫

第2畝
種まき=4/26 ピーターコーン SF2-3
ほとんどまともに収穫できず。

抑制トウモロコシ 秋採りトウモロコシ
8/10 畝づくりの準備
種まき=8/18 品種=ごく甘コーン 中早生 8か所
10/12 ささやかな実はついてますがこれから太りますか!?
11/10 初収穫
11/16 収穫して終了

里芋 第2畝 仮植(4/27)


芽出し処理がうまくできていないので
畝に仮置きして 暖かくして 発芽を促進します。
畝の中央に 溝を掘り 株間にほかし肥と敬風を移植ごてに
軽く一杯を置き 軽く土をかぶせます。
種芋を置き かつく土をかぶせ( )仮に 透明マルチを
張ります。

 第1畝  SF1-7 石川早生 
 第2畝  TB3-1 土垂 7株
 第3畝  TB2-3 赤目大吉 石川早生 土垂 

-----------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

------画像--------
4/27 里芋 石川早生 仮植
DSC_0702_R.jpg


***point*******
サトイモは使い勝手の良い野菜で重要品目
例年 石川早生と 赤芽大吉を栽培 今年は土垂を追加。

サトイモは 水好き 肥料好きやさいで 土寄せしながら
しっかり水やりすることが重要です。
-----------data----------------
第1畝 TB3-1 土垂
4/22 土垂の埋め込み 畝端に レタスを植える 

第2畝 SF1-6 石川早生
4/27 仮植 透明マルチを上に張り加温して 発芽を促す。
-----------昨シーズン----------------
4/6 赤目大吉 掘り出して種芋にする。
4/6 サトイモの畝づくり開始
4/28 SF1 SF4の畝づくり
★第1畝 SF1-7  石川早生 4株 赤目大吉2株
5/6 植えこみ
5/19 畝端に 溝を掘ってほかし肥を入れて埋め戻し
    新芽が少しのぞいています
5/20 黒マルチを張る
7/16 2回目の施肥で マルチを外して 畝中央に鶏糞を埋め込みます
8/3  脇芽の書き取りと中耕と土寄せ
9/23 試し掘り収穫 数はとにかくサイズが小さいです。
12/7 残り3株を掘り出して 終了。、不作の原因は 脇芽をすべて落としたことと考えています。
★第2畝 sf4-3  石川早生 3株 赤目大吉2株
5/19 畝端に 溝を掘ってほかし肥を入れて埋め戻し
5/26 草マルチに
7/16 2回目の施肥で 畝端に鶏糞を埋め込みます
8/3 脇芽の書き取り 除草
3/20 来年のたねいもにするつもりで今日まで残していたもの。期待はずれでがっかり
********昨シーズンdata***********
3/18 発芽処理開始
4/28 発芽発根確認
4/28 植え込み
第1畝 SF3-1
4/28 植え込み 赤芽大吉3 石川早生2
6/12 除草と中耕
7/16 中耕と土寄せ
9/30 試し掘りです。 まずまずの出来です。 
10/1 追肥 土寄せ もみ殻たっぷり
12月初めに収穫は終わっています。
第2畝  SF4-2
4/28 植え込み 赤芽大吉3 石川早生23
6/12 除草と中耕
7/16 中耕と土寄せ
10/1 追肥 土寄せ もみ殻たっぷり
12/11 まだ葉はしっかり残っています
12/29 まだ手付かず。 葉が枯れてきたので早急に防寒の処理必要
1/9  茎を株本で切り取り たっぷりのもみ殻をかぶせ マルチを2重にして
    防寒保存とします。 必要になったらその分掘り出します。
4/6 最後の3株を掘り出しました。 無事冬越し成功です。 しっめが動き始めてインす。
   8株を選び 育苗畝で催芽します。

第3畝 TB1-1
5/18 植え込み 石川早生2株 赤芽大吉3株 ショウガ1株
    南から赤芽大吉 3株目 子芋 4,5株目親芋分割  ここに注目
6/13 除草と中耕
7/28 除草
9/30 草刈り
12/11 葉が枯れています。 収穫しながら保存を始めなくちゃ
12/29 正月用2株収穫 残り2株
1/25 最後の1株収穫して終了 ガッテン流畝づくり開始
*********昨昨シーズンdata***********
芽だし処理開始=3/29 今年からTB5-7で
透明マルチ フィルムトンネルで芽だし処理

第1畝 石川早生9株
植え込み=5/2 石川早生9株 株間=30cm TB2-6
5/15 仮にかぶせていたマルチをしっかり張りなおす。
5/18 発芽始まる
6/5 1株発芽が遅れてましたがようやく全部揃いました。
6/24 すでに追肥していたので 中耕と土寄せ
9/28 台風対策で支柱
10/7 ためし掘り
1/8 寒さ対策して埋めていたのを掘りだしました。 まだ残っています。
3/21 2019 埋めて保管していたものを掘りだしました。1~2個腐った入るのがありましたが
  ほとんどきれいでした。 まだ2株あります。

第2畝 赤芽大吉
植え込み=5/5 赤芽大吉7株 株間=30cm SF3-5 赤芽大吉
5/15 透明フィルムのトンネルにする。
6月7日
11/28 2株収穫
12/12 収穫して終了
-------------------------------

枝豆第2畝 種まき(4/27)


第2畝の種まきです。

第1畝 SF2-3
第2畝 TB4-3
第3畝


-------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング

------画像-----
4/27
DSC_0692_R.jpg
4/27
DSC_0695_R.jpg

<***point*******
枝豆は 花が咲き始めてら水やりが大切です。
------------data------------
第1畝
4/5  種まき#1 うまい茶豆
4/15 発芽始まる
4/26 ずらし播き ポット育苗苗の定植 不足分は種まき
第2畝
4/27 種まき ビアフレンド
-----------昨シーズン-----------
枝、豆
☆第1畝 SF2-7 
3/31 種まき 怪豆黒頭巾  株間30cm千鳥
4/9 発芽始まる 鳥よけ 霜よけのフィルムトンネルを設置
6/25 初収穫 少し早かったようです
7/9 最後の収穫をして終了とする。

☆第2畝 TB5-4 快豆黒頭巾
4/29 種まき
7/9 順調と思われたが 何者かにやられる。 やばり猿の仕業か。
   ネットをかぶせてガードです。

☆第3畝 SF1-8 丹波大黒豆 重要な栽培です。 来年も
6/18 種まき
6/24 発芽確認
10/4 初収穫
10/27 最後の収穫でたくさん撮れました。
 ********data****** 
★枝豆第1畝 SF1-5 快豆黒頭巾
********昨シーズンdata*******
第1畝 SF1-6
種まき=3/31
発芽確認した後 畑でトンネルで保温しながら育苗
定植=4/22
10ポット分で 畝の半分
種まき=4/23 定植した畝の残り半分の畝 直播
6/21 初収穫

第2畝
種まき=4/26 SF2-1 快豆黒頭巾 発芽せず
種まき=5/16 SF2-1 おいしい枝豆
収穫=9/8

第3畝
種まき=8/18 直播   SF1-5 
 早生枝豆  千鳥の2条 株間は30cm
収穫=11/1 3回目にしてラスト

春まきレタスの定植(4/25)


レタスはいつも食卓に置きたい野菜です。
春まきレタスを定植します。
すでに 果菜類の畝端にも定植しました。

今年は レタス苗は 畑で 筋巻きにして育苗 
定植します。

4/27
追加 晩抽レタスの定植 4/27

-------------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
-------------画像-------
4/26 SF2-8で育苗苗の定植
DSC_0679_R.jpg
4/26
DSC_0680_R.jpg
4/27
DSC_0708_R.jpg

DSC_07100_R.jpg

****point*******
レタスは タイミングよく種まきをすること。
2月下旬まき 寒さ除けをすれば作りやすい。 5月末~6月に収穫期。
4/B 種まき(グレートレーク)
大型野菜の植え付け時に 畝端に植えることを考える。 
11/E 種まき  2/M定植 4月に収穫期を迎える。
--------data--------
3/22 SF2-8 種まき グレートレークと九条細ネギ
4/26 SF3-3 定植(元ほうれん草畝)
-------昨シーズン--------
☆春まきレタス
種まき グレートレーク
定植 5/18 TB5-9 レタス 12株 セロリ 4株
☆夏播きレタス
★TB5-4 
定植=9/8 サニーレタスとマザーレッド 種まき8/20 TB5-4
11/28現在 少しずつ収穫していますが あまり大きくなりません。
★TB5-6
定植=9/23 育てやすい結球レタス とサニーレタス・マザーレッド
11/28 なかなか大きくならないので保温トンネルにする

★TB2-7とTB2-8
定植=10/1 育てやすい結球レタス 種まき=9/10 空きスペースんそれぞれ3株ずつ
********data***********
TB2-8
種まき 11/25
 グレートレーク
 グリーンウェーブ
 リバーグリーン
2/13 レタスの定植 TB2-8
レタスのほかに ハクサイ キャベツを植え付け  白菜キャベツは収穫できず
4/20頃 収穫本格

SF3-5
ポット種まき=2/19  
  育てやすい結球レタス マザーレッド リバーグリーン
定植=4/4 畝 SF3-5
5/15 しっかり成長中
5/27 2本仕立ての1本を収穫始める

ナスとトマトの畝の端
4/7 種まき 
5/15 5/16 畝端に植え付け 

スイカ 鞍づくりの準備(4/24)


昨年はスイカの砂袋栽培に失敗でした。
今年は 鞍づくりにします。
スイカはタマネギと交互連作にしています。
スイカの植え付けは 5月始め。
そのため スイカ植え付け予定場所はのために
極早生で すでに収穫を終わっています。
鞍づくり 
TB3-7 とTB3-8左側  20cm下にほかし肥と鶏糞を埋め込みその上にもみ殻と腐葉土 そして畑土載せて鞍
TB3-8の右側  鞍の端の周辺にぼかしと鶏糞 そのその上に土を乗せた鞍に
スイカ畝

TB3-7 1株  
TB3-8 2株

--------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
------画像----
4/24 スイカの準備
DSC_0664_R.jpg
4/24 スイカの準備
DSC_0665_R.jpg
4/24 スイカの準備
DSC_0666_R.jpg
4/24 スイカの準備
DSC_0667_R.jpg
********point*******
タマネギとスイカのグルグルリレー栽培 
----------datq----------
4/22 スイカ予定場所には 極早生栽培で すでに収穫終了
4/24 スイカ栽培に 鞍づくり
 TB3-7 とTB3-8左側  20cm下にほかし肥と鶏糞を埋め込みその上にもみ殻と腐葉土 そして畑土載せて鞍
 TB3-8の右側  鞍の端の周辺にぼかしと鶏糞 そのその上に土を乗せた鞍に
-----------昨シーズン-----------
5/4 スイカ予定場所のタマネギを収穫 ここに蔵を作ってスイカを植える予定
5/5 袋に土を入れて植え付けの準備
5/6 スイカの植え込み  
  SF3-7 M側 小玉スイカ黄 B側 小玉スイカ赤
  SF3-8 真ん中 小玉トマト接ぎ木
5/17 摘芯する
6/はじめ タマネギ抜き取り  スイカの袋近くにほかし肥の追肥
6/7 タマネギの収穫跡 マルチをかぶせ仮押さえ。
6/18 2個授粉 すでに授粉したものも2個。
7/5  これまでに 着果した5個が割れてしまいました。
    雨水が株元にしみこむことを防ぐために マルチで覆いました。
7/21 残った3個がカラスにやられ終了です。
********昨シーズンdata*******
第1畝 SF3-7とSF3-8 
5/1 定植 
第1畝 SF3-7 小玉スイカ自根2株
    SF3-8 大玉トマト カブキ 1株
7/5 受粉始まる  7/8 2~3個毎日受粉続ける 
7/23 防鳥ネットを設置
8/12 初収穫 まずまずの味でした。
8/15 2個目を収穫 こちらはおいしく食べられました 
9/1 3個目の収穫 いまいちで早くとりすぎ。 
9/5 最後の収穫
9/14 スイカの撤収
第2畝 TB3の空きスペース
    小玉トマト 草に負けて消えてしまいました。
*************data********
4/25 極早生玉ねぎ終了して スイカ植にクラツキ準備
掘り返して 20cmほどの深さに肥料を入れて埋め戻し 
土をもって 鞍築にします。肥料 バーク堆肥3l ほかし肥1l ミックス肥20cc
5/5 定植 SF1-3、4 玉ねぎの中に3株
 玉ねぎとスイカのグルグルリレー栽培の開始です。
6/2 玉ねぎをすべて収穫しました。
6/5 ライムギを敷き藁代わりに敷きました。
7/5 SF1の土手が豪雨で崩落。 修復の時にはここに重機が入ります。
8/4 初収穫
8/17 10個ほど収穫して終了です。
8/25 茎に紛れていたスイカをその後2~3個収穫しています。
9/3 撤収

あえて連作にトライ その2(4/24)


野菜づくりでは 連作障害を避けるために空けるべき
年数という期間に 怯えます。
狭い家庭菜園では 連作を回避する作付けプランはすぐに行き詰ります。
 
連作障害を避けるために明けなければいけない期間を
納得できないままに おびえながら無視できない
菜園愛好者は 多いのではないでしょうか。

しかし 相性の良い相棒を選べば 連作障害は
避けることができる、むしろ連作することにより
品質が良くなるという
連作を薦める参考文献があります。

参考書
1) 石綿薫 やさい畑 2021年2月号 病害虫にも 天候不順にも
              負けない土づくりの新常識 ”育土”の勧め
2 木島 敏男 連作でよく育つ野菜づくり 家の光協会
3 竹内 孝功  野菜だより 2020年1月号 超図解 連作できるぐるぐるリレープラン
4 三浦 伸章  ガッテン農法  学研

文献2
rensaku.jpg

連作障害には 次の3つのカテゴリーがあるそうです。
 1 悪い虫がとりつく
 2 悪い病原菌がとりつく
 3 野菜が発散する生育阻害物質が増える。

同じ時期に同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を作り続けると
悪い虫や病原菌や生育阻害分泌物が堆積し
連作を続けて限界の濃度に達すると発症する。

この解釈が正しければ 連作が生じやすい野菜でも
連作したら翌年にすぐ発症するというのは考えにくいのではないでしょうか。
たとえは連作をあけるべき年数が4~5年という トマトを2年続ければ
発症するでしょうか。 3年続ければ発症するのでしょうか。
かつて ブログでトマトの連作を調べたことがありますが
4,5年は連作障害なく 立派なトマトを育てられているブログを
複数見たことがあります。

上記の文献では 野菜の組み合わせを選べれば
連作は可能である むしろ 連作した方が成績が良くなると
解かれています。

ある野菜は 線虫に好まれ 線虫が増える。
一方他の野菜では 線虫を殺す成分を持つ。
二つの野菜を組み合わせて連作しても
組み合わせの妙で 被害ができない。
そして 組み合わせ連作を続けると 
育ちやすい 土壌環境 微生物環境が実現される。

4つの文献では その組み合わせが 数多く提案されている。


交互連作の組み合わせ
文献1 石原 薫
★ トマト   vs 非結球野菜 葉物野菜
★ ミニトマト vs エンドウ
★ きゅうり  vs ブロッコリー(カリフラワー)
★トウモロコシvs 白菜・キャベツ

文献2 木嶋利男
★ スイカ    vs ほうれん草
★ トマト     vs 葉物野菜
★ エダマメ   vs 白菜
★ タマネギ   vs 果菜類(ナス トマト きゅうり)
★ トウモロコシ vs キャベツ

文献3 竹内孝功
★ エンドウ   vs きゅうり
★ エンドウ   vs ナス
★ 春ジャガ  vs ネギ
★ きゅうり   vs ブロッコリー・カリフラワー
★ トマト    vs キャベツ
★ ピーマン  vs キャベツ
★ ナス    vs そら豆
★ スイカ   vs タマネギ
★ ナス    vs 白菜
★ 里芋    vs ショウガ

文献4 三浦 伸明
野菜は連作するのがよいとされているが
その組み合わせが 交互連作であるかは
判然としないものも含まれる。 
★ トマト   vs エンドウ
★ ナス   vs アブラナ科
★ ピーマン vs アブラナ科
★ きゅうり  vs エンドウ
★ きゅうり  vs アブラナ科
★ タマネギ  vs きゅうり
★ マネギ    vs スイカ
★ タマネギ  vs ズッキーニ
★ オクラ   vs アブラナ科
★ サツマイモ vs タマネギ
★ 里芋    vs アブラナ科
★ 落花生  vs アブラナ科
★ エダマメ  vs むぎ
★ きゅうり  vs インゲン
★ トウモロコシ vs ジャガ
★ ウリ科   vs ジャガ
★ きゅうり  vs 白菜

① 4つの文献で 相性の良い組み合わせは 共通するものが
  多く見られる。
②アブラナ科 ユリ科は 連作障害を回避する
  働きがあるようだ。
③線虫の被害 青枯れ病 根こぶ病などの
  連作被害は連作障害は 科をまたいで 発症する
  そうです。 文献3
④となると 連作を避けるべき年数というのは
 どういう意味があるのでしょうか。

私は 積極的に野菜の組み合わせを選んで
交互連作 ぐるぐるリレー栽培に 取り組んでみようと
考えています。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
***point*******

*****data******

オクラ 発芽始まる(4/24)


オクラの種まき。
株間=30cm 1カ所 5粒播き 

今年はあえて連作にトライ。 
表策は オクラ  裏作は アブラナ科の予定。

SF2-1 品種 アーリーファイブ  株間30cm 3~4本仕立て

------------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
------画像-----
4/24発芽始まる
DSC_0657_R.jpg
4/24発芽始まる
DSC_0659_R.jpg
4/24発芽始まる
DSC_0660_R.jpg

4/15 種まき
DSC_0585_R.jpg
-----point------------
オクラは複数本仕立てがよい。 株間30cmで 3~4本仕立てにします。
品種はアーリーファイブ
種まきは 種まきは4/15直播
連作のトライ 表はオクラ 裏にはアスパラ
--------data---------------
4/13 SF2-1 畝完成
4/15 種まき 株間30cm  不織布をかぶせ発芽待ち
4/24 発芽始まる
--------昨シーズン---------------
4/29 種まき アーリーファイブ
5/18 定植  SF4-2 株間30cm
7/2 7月に入って花が見えてきました。今日は支柱を設置しました。
7/16 2回目の追肥で鶏糞です。 2日おきには収穫できるようになりました。
10/5 撤収へ
*************昨シーズンdata**************
畝SF4-3 赤丸オクラ
種まき=5/3 定植=5/21
1条 9ヵ所 3~4本仕立て 種取採りようなばながあるので3カ所分仮植
7/1 倒伏防止の支え 小さな花芽が顔を出す。
7/16 ようやく花が咲きました。
7/22 初収穫
10/17 撤収
*************昨シーズンdata**************
オクラ TB2-4
種まき=
定植=5/2
6/7=補植 欠損部分にポット育苗苗を補いました。
6/21 成長モードに入りました。
7/2 除草と中耕 小さな実がつきました。
7/8 初収穫
10/28 撤収開始
*************1昨シーズンdata***********************
オクラ 畝=SF4-4
直播=5/6。 品種=
株間30cm間隔で 8ヶ所
か所に5個の種をまき 間引いて3~4本を育てます。
5/16 発芽始まる
7/25 収穫本格化

極早生タマネギの収穫(4/23)


タマネギ 極早生タマネギの収穫。
タマネギは 第1畝 第2畝に 3カ所 極早生を植えています。
実は タマネギとスイカで 交互連作栽培をしています。
同じ畝で 毎年 タマネギとスイカを 繰り返して栽培する。

タマネギを収穫した3カ所に スイカを植える予定です。
スイカの植え付けは 5月初め。 一般の球ネガは
未だ栽培中なので スイカを植える場所を確保しています。

今年もタマネギはベト病に苦しんでいます。

第1畝 SF3-7
第2畝 SF3-8
第3畝 TB5-9
第4畝 TB4-4
第5畝 SF4-4

種まき 9/12 極早生  タキイ フォーカス  4列 収穫は3/中
         赤玉    アタリヤ 赤玉葱  3列 収穫は4月
種まき 9/21 保存用  タキイネオアース  11列 収穫は 5月末   
----------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
                 

------画像-----
4/23 収穫した極早生タマネギ
4/23DSC_0629_R.jpg
4/23 収穫したタマネギのスペースにスイカを予定 ぐるぐる連作リレー栽培
DSC_0650_R.jpg
4/23 収穫したタマネギのスペースにスイカを予定 ぐるぐる連作リレー栽培
DSC_0651_R.jpg


-------point---------------
タマネギのとうだちの原因の一つに成長不良が考えらえます。
苗づくりをしっかりしなきゃ。
極早生の止め越えは2月中旬に終えること
1cmの深さの溝を掘り 種を落として種まき培土で覆い 
もみ殻をまいてしっかり鎮圧する。
畝づくり
10/26 SF3-7 SF3-8 マルチの穴あけミシン目
追肥
1回目 11月中
2回目 2月中~下旬
消毒は ダコニールとダイセン 月1回

-------data------------
7/26 タマネギ苗のための日光消毒
9/12 極早生と赤玉の種まき
9/21 ネオアースの種まき
9/29 ネオアース発芽
10/9 追肥と中耕 順調と思います
10/24 玉葱苗 しっかりしてきました。 極早生はぼちぼち定植を考える
11/3 植え付け開始

★共通
追肥
12/b 液肥
2/10 2回目追肥 888化成肥料
2/22 消毒  ダイセン
3/17 ダコニールでの消毒
3/22 ジマンダイセンで消毒
4/10 ダコニールでの消毒
★第1畝 SF3-7 
11/3 定植  フォーカス25本 赤玉 10本
11/16 定植 ネオアース
3/23 極早生タマネギ 初収穫
4/2 極早生タマネギにトウ立ち見つかる
4/23 極早生タマネギの収穫を終える
★第2畝 SF3-8
11/3 定植 フォーカス 50本 赤玉 30本
11/16 定植 ネオアース
4/23 極早生タマネギの収穫を終える
★第3畝 TB5-4
11/16 定植 ネオアース

★第4畝 TB5-9
11/17 定植 ネオアース 
★第5畝 SF4-4
11/3 定植  フォーカス25本 赤玉 10本
11/17 定植 ネオアース 赤玉14本
3/17 消毒 この畝だけもみ殻マルチにしています。
地力はここは良くないとみていますが ネオアースに注目してみても
ここのタマネギが一番成長がいいようです。 来年はもみ殻マルチを確認します。
-------昨シーズンdata------------

苗づくり TB5-3
種まき= 9/9 トップゴールド
種まき= 9/15 サラダ玉ねぎ
種まき=9/24 OK黄とネオアース
10/7 発芽は終わっています。 ネオアースは発芽非常に悪いです。 新しい種なのに。
プラグトレイのも悪いです。
土寄せ=10/11
10/24 JAに玉ねぎ苗注文

★第1畝 SF3-7 極早生 スイカ2株分  残りは 中生(OK黄?)
11/4 定植 極早生と中生
11/14ダコ消毒ともみ殻追加
12/25 追肥 80cc/畝
1/21 2回目の追肥 80cc/畝
2/15 第3回追肥
2/21 消毒1回目ダコニール  
3/1 消毒2回目ダコニール
5/4 スイカ予定一の極早生タマネギを収穫
5/4 スイカ予定一の極早生タマネギを収穫
    倒れた中世タマネギの一部も収穫  
★第2畝 SF3-8 極早生 スイカ1株分  残りは 中生(OK黄?)
11/4 定植 極早生と中生
11/14ダコ消毒ともみ殻追加
12/25 追肥 80cc/畝
1/21 2回目の追肥 80cc/畝
2/15 第3回追肥
2/21 消毒1回目ダコニール
3/1 消毒2回目ダコニール
5/4 スイカ予定一の極早生タマネギを収穫
    倒れた中世タマネギの一部も収穫   
★第3畝 SF2-5  76本
定植11/4 中生(OK黄?) 52本
定植11/8 中生ターザン  24本
11/14ダコ消毒ともみ殻追加
12/25 追肥 80cc/畝
1/21 2回目の追肥 80cc/畝
2/15 第3回追肥
2/21 消毒1回目ダコニール
3/1 消毒2回目ダコニール  
5/29 倒れた中世タマネギの一部も収穫
6/17 収穫終了 
★第4畝 TB4-3 95本
定植 11/8 中生ターザン 95本
11/14ダコ消毒ともみ殻追加
11/29 追肥 80cc/畝
1/21 2回目の追肥 80cc/畝
2/15 第3回追肥
2/21 消毒1回目ダコニール
3/1 消毒2回目ダコニール
6/17 収穫終了   
★第5畝 SF2-8 およそ100本
11/23 極早生24本と紫=23本 
11/24 中生ラッキー=40本
12/25 追肥 80cc/畝 
1/21 2回目の追肥 80cc/畝
2/15 第3回追肥
2/21 消毒1回目ダコニール 
3/1 消毒2回目ダコニール
6/17 収穫終了  
*******昨年data********
育苗
8/23 播き床の準備開始
8/28 苗床完成
種まき
 9/17 極早生 チャージⅡ 2列分 予定では 80本ほど
 9/23 赤玉 ラッキー ネオアース
 10/3 赤玉 ラッキー ネオアース 発芽始まる
 10/22 ほかし肥と中耕
発芽不十分で苗が不足 中田園芸で不足分購入
定植
SF3-8 トップゴールド
SF1-5 トップゴールド
TB3-3 ネオアース ネオアース

第1畝 SF3-8 合計 122本
定植=11/15 トップゴールド
定植=11/16 サラダ玉ねぎ 赤玉ねぎ ラッキー
1/25 草抜きと3度目の液肥
2/4 有機石灰 畝当たり100cc
2/10 化成肥料 100cc/畝
3/7 化成肥料 150cc/畝
3/15 消毒マンネブダイセン
4/6 極早生トップゴールド 初収穫
6/17 ラッキーの収穫
第2畝 SF3-7 合計 123本
定植=11/16 サラダ玉ねぎ 赤玉ねぎ ラッキー
1/4 この畝は苗が小さいのが多く成長が心配なのでトンネルを張りました。
1/25 草抜きと3度目の液肥
2/4 有機石灰 畝当たり100cc
2/10 化成肥料 100cc/畝
3/7 化成肥料 150cc/畝
3/15 消毒マンネブダイセン

第3畝 SF1-5 合計 145本(108穴)
定植=11/23 ネオアース(買い苗) 1本仕立て69本 
1/25 草抜きと3度目の液肥
2/4 有機石灰 畝当たり100cc
2/10 化成肥料 100cc/畝  
3/7 化成肥料 150cc/畝
1穴2本植え 76本 (38穴)
6/9 ネオアース収穫

第4畝 SF4-7 合計 115本
定植=11/20 トップゴールド15本
定植=11/23 ネオアース 買い苗60本 自作苗40本
1/25 草抜きと3度目の液肥
2/4 有機石灰 畝当たり100cc
2/10 化成肥料 100cc/畝
3/7 化成肥料 150cc/畝
3/15 消毒マンネブダイセン
6/9 ネオアース収穫

第5畝 TB3-3 合計 110本(92穴)
定植=11/22 トップゴールド 19時本
定植=11/23 ネオアース 1本植え55本 2本植え 18穴で36本 
1/25 草抜きと3度目の液肥 
2/4 有機石灰 畝当たり100cc
2/10 化成肥料 100cc/畝
3/7 化成肥料 100cc/畝
3/15 消毒マンネブダイセン
9/17  ネオアース トウダチのため廃棄

菊 冬至芽のポット上げ(4/23)


畑の一角で 菊を楽しんでいます。
本来は 挿し芽で増やさなければな均いのですが
手抜きして 冬至芽で 発根したものを鉢上げしています。

強い日差しを避けるため 里芋に掘った溝にポットを置き
遮光ネットで守っています。
落ち着いたら 畝に移します。

------------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
4/23 菊の冬至芽のポット上げ
DSC_0619_R.jpg
4/23 菊の冬至芽のポット上げ
DSC_0621_R.jpg
4/23 菊の冬至芽のポット上げ
DSC_0656_R.jpg

<***point*******
--------data--------------
4/23 菊畝から冬至芽をポットに挙げる。
--------昨シーズン-------------
4/15~4/25 菊の冬至芽を掘り上げて
新しい菊畝 TB2-5とTB3-3に植え替えます。
5/3 TB2-5 TB3-2に定植完了
7/5 TB2-5 TB3-2に倒伏防止の支柱設置
*****昨シーズンdata******
3/25 菊の植え付け
7/15 除草と支柱の設置

********昨シーズンdeta********
4/19 冬至芽の鉢上げ
5/12 定植
10/はじめ 菊の持ち帰る (収穫)

里芋の植え込み開始(4/22)


昨年の里芋 みじめな出来でした。
今年は 里芋 1畝増やして 3畝にします。
品種は 石川早生 赤目大吉に加えて 土垂を増やします。
溝を掘って 40cm間隔に種芋を置いて 真ん中に鶏糞とぼかしを投入して
土を戻し入れる。 種芋の置かれたところにはくぼみを作る。
熱気がここにこもり 発芽を促進すると考えている。

 第1畝  SF1-7 石川早生 
 第2畝  TB3-1 土垂 7株
 第3畝  TB2-3 赤目大吉 石川早生 土垂 

-----------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

------画像--------
4/22 里芋の植え込み TB3-7
DSC_0634_R.jpg
4/22 里芋の植え込み TB3-7
DSC_0636_R.jpg

***point*******
サトイモは使い勝手の良い野菜で重要品目
例年 石川早生と 赤芽大吉を栽培 今年は土垂を追加。

サトイモは 水好き 肥料好きやさいで 土寄せしながら
しっかり水やりすることが重要です。
-----------data----------------
第1畝 TB3-1 土垂
4/22 土垂の埋め込み 畝端に レタスを植える 
-----------昨シーズン----------------
4/6 赤目大吉 掘り出して種芋にする。
4/6 サトイモの畝づくり開始
4/28 SF1 SF4の畝づくり
★第1畝 SF1-7  石川早生 4株 赤目大吉2株
5/6 植えこみ
5/19 畝端に 溝を掘ってほかし肥を入れて埋め戻し
    新芽が少しのぞいています
5/20 黒マルチを張る
7/16 2回目の施肥で マルチを外して 畝中央に鶏糞を埋め込みます
8/3  脇芽の書き取りと中耕と土寄せ
9/23 試し掘り収穫 数はとにかくサイズが小さいです。
12/7 残り3株を掘り出して 終了。、不作の原因は 脇芽をすべて落としたことと考えています。
★第2畝 sf4-3  石川早生 3株 赤目大吉2株
5/19 畝端に 溝を掘ってほかし肥を入れて埋め戻し
5/26 草マルチに
7/16 2回目の施肥で 畝端に鶏糞を埋め込みます
8/3 脇芽の書き取り 除草
3/20 来年のたねいもにするつもりで今日まで残していたもの。期待はずれでがっかり
********昨シーズンdata***********
3/18 発芽処理開始
4/28 発芽発根確認
4/28 植え込み
第1畝 SF3-1
4/28 植え込み 赤芽大吉3 石川早生2
6/12 除草と中耕
7/16 中耕と土寄せ
9/30 試し掘りです。 まずまずの出来です。 
10/1 追肥 土寄せ もみ殻たっぷり
12月初めに収穫は終わっています。
第2畝  SF4-2
4/28 植え込み 赤芽大吉3 石川早生23
6/12 除草と中耕
7/16 中耕と土寄せ
10/1 追肥 土寄せ もみ殻たっぷり
12/11 まだ葉はしっかり残っています
12/29 まだ手付かず。 葉が枯れてきたので早急に防寒の処理必要
1/9  茎を株本で切り取り たっぷりのもみ殻をかぶせ マルチを2重にして
    防寒保存とします。 必要になったらその分掘り出します。
4/6 最後の3株を掘り出しました。 無事冬越し成功です。 しっめが動き始めてインす。
   8株を選び 育苗畝で催芽します。

第3畝 TB1-1
5/18 植え込み 石川早生2株 赤芽大吉3株 ショウガ1株
    南から赤芽大吉 3株目 子芋 4,5株目親芋分割  ここに注目
6/13 除草と中耕
7/28 除草
9/30 草刈り
12/11 葉が枯れています。 収穫しながら保存を始めなくちゃ
12/29 正月用2株収穫 残り2株
1/25 最後の1株収穫して終了 ガッテン流畝づくり開始
*********昨昨シーズンdata***********
芽だし処理開始=3/29 今年からTB5-7で
透明マルチ フィルムトンネルで芽だし処理

第1畝 石川早生9株
植え込み=5/2 石川早生9株 株間=30cm TB2-6
5/15 仮にかぶせていたマルチをしっかり張りなおす。
5/18 発芽始まる
6/5 1株発芽が遅れてましたがようやく全部揃いました。
6/24 すでに追肥していたので 中耕と土寄せ
9/28 台風対策で支柱
10/7 ためし掘り
1/8 寒さ対策して埋めていたのを掘りだしました。 まだ残っています。
3/21 2019 埋めて保管していたものを掘りだしました。1~2個腐った入るのがありましたが
  ほとんどきれいでした。 まだ2株あります。

第2畝 赤芽大吉
植え込み=5/5 赤芽大吉7株 株間=30cm SF3-5 赤芽大吉
5/15 透明フィルムのトンネルにする。
6月7日
11/28 2株収穫
12/12 収穫して終了
-------------------------------

連作リレー栽培にトライ・その1(4/17)


野菜づくりでは 連作障害の回避が 厄介な課題で 悩まされます。
狭い家庭菜園では 連作を回避する作付けプランはすぐに行き詰ります。

連載障害を避けるために 空けるべき期間(年数) は 
テキストによりまちまちのようです。 

文献2
rensaku.jpg

連作障害には 次の3つのカテゴリーがあるそうです。
 1 悪い虫がとりつく
 2 悪い病原菌がとりつく
 3 野菜が発散する生育阻害物質が増える。

同じ時期に同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を作り続けると
悪い虫や病原菌や生育阻害分泌物が堆積し
連作を続けて「 限界の濃度に達すると発症する。
この解釈が正しければ 連作が生じやすい野菜でも
連作したら翌年にすぐ発症するというのは考えにくいのではないでしょうか。
たとえは連作をあけるべき トマトを2年続ければ
発症するでしょうか。
かつて ブログでトマトの連作を調べたことがありますが
4,5年は連作障害なく 立派なトマトを育てられているブログを
見たことがあります。

連作を避けるべき空けるべき年数って
どう考えたらいいのでしょうか。

皆さんは連作障害を体験されたとはあるでしょうか。

私の経験では
ひとつは タマネギのベト病があります。 
ある年ベト病が発生した。
貸農園では 畝を変えた程度では それほど離れることはなく
発症が続く。 
家庭菜園ではタマネギは どうしても作りたい野菜である。
作らないという選択はできずベト病が続く。

ある年 ダイコンサルハムシが大根に取りつかれた。
翌年からアブラナ科の野菜(大根 白菜 小松菜 水菜などで)
悩まされています。 厄介な害虫です。

タマネギも 大根も連作には強い野菜と考えられています。

ベト病も 大根サルハムシも 連作をしたから発症したとは
考えにくい。 
たまたま不幸にも 取りつかれたのではないか。

連作障害を避けるために 栽培を控える年数とは
違和感があります。

障害が発生した時の解決のむつかしさは
実感していますが いまいち連作障害を すんなりとは
理解できていません。

野菜には前後に栽培する野菜には 相性がある。
連作障害を受けやすい野菜と 相性の良い野菜を選び
毎年 その組み合わせで繰り返し栽培を続けると
土壌は変化して 作りやすい土壌になるという
報告がある。

野菜は その根が 一方的に土壌から栄養素を
吸収して利用しているのではない。
根は 土壌と微生物と強い相互作用を持っている。
うまい組み合わせと実現すると 夏野菜 引き続く 秋冬野菜で
相互作用を繰り返すと 好循環が生まれることが
経験的に示されているようです。

文献1では 土壌が野菜を育てるのではなく
連作することにより野菜が 成長しやすい土壌と微生物のシステム
を作り上げることができると説明されています  これを育土と呼ぶ。

どの野菜とどの野菜を組み合わせるのがいいか
その組み合わせが 文献に紹介されています。

基本的なことは
 深く耕すことはしない。 
 折角作り始められた土壌中の微生物のシステムは壊さない。不耕起
 肥料は与えない あるいは最小限度に控える。 
 特に化学肥料に頼ると栄養バランスが壊れる。
 
うまい”表作“” ”裏作”の組み合わせを選んで
野菜を毎年作り続ける(連作する)と
連作障害が生じるどころか
だんだん作りやすい土に代わるそうです。

連作を避けるべき年数の表より こちらの育土するという
考え方の方が おさまりがいいような気がします。

参考書
1) 石綿薫 やさい畑 2021年2月号 病害虫にも 天候不順にも
              負けない土づくりの新常識 ”育土”の勧め
2 木島 敏男 連作でよく育つ野菜づくり 家の光協会
3 竹内 孝功  野菜だより 2020年1月号 連作できるぐるぐるリレープラン
4 三浦 伸章  ガッテン農法  学研

つづく 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
***point*******

*****data******

栽培技術 トウモロコシ(4/15)


トウモロコシの栽培開始
第1畝 育苗苗の植え付けです。

第1畝 TB5-5 キャンベラ86
第2畝 
第3畝 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

--------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
------画像-----
kyann86.jpg

toumorokosi.jpg


*******ポイント*******
直根で深く根を張り 肥料を吸収してくれる
-----data----------------
第1畝 TB5-5
3/20 定植 10株分 (種まき3/9)
-----昨シーズンdata----------------
トウモロコシ
第1畝 SF2-5 
3/31 種まき ピーターコーン株間30cm 2条千鳥
4/9 発芽始まる
6/12 雄の穂が出て雌の穂も顔を出してきました。 とりあえず 倒伏防止策。
6/20 防虫ネットで囲みカラス対策
7/5 初収穫3本
第2畝 TB5-7
5/2 畝の準備
5/15 定植 (4/30 ポットの種まき ピーターコーン)

第3畝 SF3-1
6/26 定植 第1回種まき ゴールドラッシュ90 
7/5 発芽の気配見えず ポット育苗 芽出し7/7 ポット上げ7/9 定植7/19
8/3 残りのスペース の定植
9/x 3本収穫
9/27 次作に備えて撤収
*******昨シーズンdata*******
★トウモロコシ第1畝 
キャンベラ90EX 時間差栽培のため 同じ畝で
定植(種まき=3/11)=4/6 種まき=4/6
6/10 雄花が咲き始め 雌花貧相 とりあえず交配を続ける。
7/2 初収穫でした。 まずまずの味でした。
7/7 最後の収穫をして終了。 半分はカラスに取れれました。
★トウモロコシ第2畝  TB8-2
種播き=5/21 うまく発芽しませんでした。やり直しです。
6/17 トウモロコシ 種まきのやり直し  サカタのピーターコーン
6/28 発芽できず。 この畝はギブアップ

7/8 TB5-9で不耕起で種まき ラッキーコーン

*******昨昨シーズンdata*******
トウモロコシ
第1畝  SF1-6
4/9 コーンの畝完成 
3/31 ハニーバンタム 種まき
4/21 畝半分 定植 10本
種まき=4/23 定植した畝の残り半分の畝 直播
6/21 受粉 ヤングコーンの収穫
7/8 初収穫

第2畝
種まき=4/26 ピーターコーン SF2-3
ほとんどまともに収穫できず。

抑制トウモロコシ 秋採りトウモロコシ
8/10 畝づくりの準備
種まき=8/18 品種=ごく甘コーン 中早生 8か所
10/12 ささやかな実はついてますがこれから太りますか!?
11/10 初収穫
11/16 収穫して終了

栽培技術 エダマメ



第3畝 高さが 120cmほどの大きくなカブです。

長く楽しんだ丹波黒豆 最後の1株を残すのみになりました。
1株で 1パックの量となり 長く収穫できます。



-------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング

------画像-----
kaikuro.jpg

edamame.jpg


<***point*******
枝豆は 花が咲き始めてら水やりが大切です。
------------data------------
枝、豆
☆第1畝 SF2-7 
3/31 種まき 怪豆黒頭巾  株間30cm千鳥
4/9 発芽始まる 鳥よけ 霜よけのフィルムトンネルを設置
6/25 初収穫 少し早かったようです
7/9 最後の収穫をして終了とする。

☆第2畝 TB5-4 快豆黒頭巾
4/29 種まき
7/9 順調と思われたが 何者かにやられる。 やばり猿の仕業か。
   ネットをかぶせてガードです。

☆第3畝 SF1-8 丹波大黒豆 重要な栽培です。 来年も
6/18 種まき
6/24 発芽確認
10/4 初収穫
10/27 最後の収穫でたくさん撮れました。
 ********data****** 
★枝豆第1畝 SF1-5 快豆黒頭巾
********昨シーズンdata*******
第1畝 SF1-6
種まき=3/31
発芽確認した後 畑でトンネルで保温しながら育苗
定植=4/22
10ポット分で 畝の半分
種まき=4/23 定植した畝の残り半分の畝 直播
6/21 初収穫

第2畝
種まき=4/26 SF2-1 快豆黒頭巾 発芽せず
種まき=5/16 SF2-1 おいしい枝豆
収穫=9/8

第3畝
種まき=8/18 直播   SF1-5 
 早生枝豆  千鳥の2条 株間は30cm
収穫=11/1 3回目にしてラスト

栽培技術 インゲン(4/15)


キュウリの栽培技術


-----------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
市民農園ランキング
-------画像------------
ケンタキー101の栽培暦
kenta.jpg

inngennmame.jpg


野菜だより



9/14 インゲンの畝 畝の右の小さなインゲンんが 11/Mまで収穫できまして。
DSC_1083_R.jpg

****point*******
キュウリとインゲンは相となる畝でセットで栽培します。
次回のキュウリの種まきは 5/20頃 3回目の種まきは 
隣の畝で7/7タナバタを予定しています。
タナバタ園でサルが乱暴したので急遽 ファミリー農園できゅうり栽培に。
キュウリの消毒 ダコニール1000
秋インゲンの種まきは 8月後半の方がいいようです。
https://blog.goo.ne.jp/mizko_okan/e/73927f0414e2f0824eff1dc44063c92b
インゲンの栽培は種まき 1回目種秋3/M 2回目種まき4/M 3回目は 8/25ゴロの種まき(直播)
がいいようです。 種袋に記載されている8/Bは 暑すぎて実をつけません。
--------data-------------------
きゅうりとインゲン  きゅうり=TB2-9 インゲン=TB2-10
3/17 種まき きゅうり VR夏すずみ インゲン ケンタッキー101
3/22 畝づくり終わる バーク第2杯 発酵腐葉土小1杯 ぼかし小8分目 表層にすきこみ蔵マルチ
4/6 インゲンの植え付け 5/6 
4/21 きゅうり 夏すずみ2株追加の定食
    インゲンはケンタッキー101 4カ所の種まき
5/3 棚を作るのに アーチ型支柱を設置しました。
5/21 ダコニール+アファーム混合で消毒  トマト ナスも
6/6 きゅうりの初収穫が始まる。
   インゲンはネットの上段に到着 小さな実をつけ始める。
6/23 整枝  腰の高さまでの脇芽は1果どり 2は残して新留 腰の高さ以上は 2果取り3は残して芯止め
7/7 きゅうり インゲンともに盛りを過ぎてきました。
   入れ替えのきゅうりの種まきをしました。
7/21 前半のインゲンを取り除き 3カ所にインゲンをうえつけました。
    ツルは勢いがあったのですが 実はあまりつけませんでした。
7/23 前半のきゅうりと同じ畝に 4株きゅうりを植え付けました。
8/23 前半のきゅうりと同じ畝に 2株きゅうりを追加植え付けました。 
8/24 前半のインゲンの畝に ケンタキー101を6カ所分種まきしました。
    これが秋に細々ながら秋長く収穫できました。
8/30 前半のインゲンの畝に ケンタキー101を6カ所分種まきし→ 発芽確認。
9/14 7/21 種まきのインゲンに小さな実をつけてきました。初収穫です。
★きゅうりとインゲン 別畝 TB3-6とtb3-5
6/7 きゅうり3株スペースに2株定植
6/12 残り1株のスペースに追加で定植 VR夏すずみ
6/20 成長の遅い1株を捕植
6/24 モロッコ 3株の定植
**********昨シーズンdata*******
第1畝
★キュウリ
3/15 キュウリの種まき VR夏すずみ 3 奏1
5/  棚とネットの設置
5/15 きゅうりの整枝 インゲンはすでにネットにつかまり始める
5/27 きゅうりの雄花の赤ちゃんが姿を現す
5/29 きゅうりの花が咲きました。
5/29 第1陣のキュウリの反対側の畝はじにキュウリの種を播きました。 通路側に奏2株 反対側にVR夏すずみ2株
6/4 きゅうりはやめに初収穫 インゲンには小さな鞘がつきました。
6/5  5/29種まきしたキュウリの第2弾が 発芽しました。
6/8  摘果が過ぎて本格的な収穫です。
6/11 きゅうりとインゲンにぼかしの追肥
6/17 カラス対策でテグスを張って防御
6/24 キュウリが本格収穫期を迎える
7/8 きゅうりの第3陣の種まき 奏4
7/24 サル除けのための防鳥ネットの設置
7/25 キュウリ ダコニールで消毒
8/8 ダコニールの消毒 
★インゲン
4/3 インゲンの種まき
5/27 インゲンには花がちらほら
6/4 インゲンには小さな鞘がつきました。
6/9 インゲン豆の初収穫
6/11 きゅうりとインゲンにぼかしの追肥
6/26 インゲン畝につるなしモロッコの種まき 6/30 モロッコ 発芽始まる。
7/6 たくさん採れるつるありインゲンの種まき
7/30 6/26種まきのつるなしモロッコに花が
7/6 種まきのつるありインゲンは ツルがネットを這い上がります。
9/2 ようやく小さな鞘が見えてきました。 少しすずしくなったからでしょうか。 楽しみです。

★ きゅうり・いんげんの第2畝
SF2-8 もとはエンドウの畝です。
7/10 奏の種まき 5株分
7/16 HCで買ったキュウリ苗 なるなる1株植えつけ
8/7 キュウリの空きスペースにインゲンの種を播きました。
8/8 きゅうりの消毒 ダコニール
8/17 棚の天井近くまで伸ばしています。 明日にも収穫。
8/17 インゲンもしっかりしてきました。
8/18 タナバタキュウリ 3本 初収穫。
8/22 タナバタキュウリ 本格収穫期入り
10/7 インゲンの初収穫
**********昨シーズンdata*******
第1畝
3/13 種まき インゲンときゅうり
4/1  ケンタキー101 3株定植 防虫ネットのトンネル
4/13 きゅうり よしなり3株の定植
4/30 インゲンが伸びたので 防虫ネットは外します。
6/14 きゅうりとインゲン 初収穫
6/19 きゅうりとインゲンがボチボチ収穫に
6/29 きゅうりとインゲンが本格収穫期になりました。
7/11 インゲンは終わりに近づいてきました。
   きゅうりはもう少し頑張ってくれるでしょう。
第2畝
4/22  モロッコインゲン4株の定植
4/?? きゅうりの定植
5/14 立体栽培の支柱・ネットの設置
6/18 モロッコインゲン 初収穫
6/29 きゅうりとインゲンが本格収穫期になりました。
第3畝 
6/10 種まき よしなりと風みどり 三尺ササゲ
6/19 発芽確認
7/6  SF1の土手が崩落しました。 修復するときは重機に蹂躙されます。
7/11 成長してネットにつかまり立ちです。
8/2 きゅうりは 収穫期になりました。
8/4 三尺ササゲの初収穫
9/8 撤収
第4 5畝
8/4 購入したキュウリ苗1株定植
8/11 ポットまきのつるありインゲンを 定植
8/11 直播したつるなしインゲンの発芽確認
8/22 きゅうりの定植 種まき8/6 奏 地這い

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

biwahito

Author:biwahito
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR