FC2ブログ

あえて連作にトライ その3(5/11)


未だ 下書きのじょうたいです

野菜づくりでは 連作障害を避けるために空けるべき
年数という期間に 怯えます。
狭い家庭菜園では 連作を回避する作付けプランは悩まされ続けます。

お休みする期間は文献によって微妙に変わります。
rensaku1.jpg
      <タキイ種苗> 

この期間は どのように決められたのでしょうか?
例えばスイカは 7年以上休栽するとなると狭い畑では
栽培不可能になります。

まさか 皆さん是非 接ぎ木苗をかってくださいよ。
ということではないでしょう。

相性の良い組み合わせを選んで 毎年同じ畑に
同じ作物を繰り返し 繰り返し栽培することにより
連作障害の出やすい野菜も 障害なく栽培できます。
という文献があります。

トマトと非結球野菜(小松菜など)を
同じ畝で毎年商業生産していることが
紹介されています。

例えばトマトとの相性の良い野菜を栽培すると
トマトに都合の良い微生物が集まり
トマトにあった土壌環境ができるとのこと。
この組み合わせを毎年繰り返すことで
どんどん良くなるとのこと。

私が見たのは次の4つの文献です。

参考書
1) 石綿薫 やさい畑 2021年2月号 病害虫にも 天候不順にも
              負けない土づくりの新常識 ”育土”の勧め
2 木島 敏男 連作でよく育つ野菜づくり 家の光協会
3 竹内 孝功  野菜だより 2020年1月号 超図解 連作できるぐるぐるリレープラン
4 三浦 伸章  ガッテン農法  学研

文献2
rensaku.jpg

連作障害には 次の3つのカテゴリーがあるそうです。
 1 悪い虫がとりつく
 2 悪い病原菌がとりつく
 3 野菜が発散する生育阻害物質が増える。

同じ時期に同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を作り続けると
悪い虫や病原菌や生育阻害分泌物が堆積し
連作を続けて限界の濃度に達すると発症する。



交互連作で相性の良いの組み合わせ 
sinnasu.jpg

urika.jpg

mame.jpg

sonota.jpg

sinsonota.jpg



私は 野菜の組み合わせを選んで 連作障害を回避するために
交互連作 ぐるぐるリレー栽培に 取り組んでいこうと
考えています。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
***point*******

*****data******
スポンサーサイト



あえて連作にトライ その2(4/24)


野菜づくりでは 連作障害を避けるために空けるべき
年数という期間に 怯えます。
狭い家庭菜園では 連作を回避する作付けプランはすぐに行き詰ります。
 
連作障害を避けるために明けなければいけない期間を
納得できないままに おびえながら無視できない
菜園愛好者は 多いのではないでしょうか。

しかし 相性の良い相棒を選べば 連作障害は
避けることができる、むしろ連作することにより
品質が良くなるという
連作を薦める参考文献があります。

参考書
1) 石綿薫 やさい畑 2021年2月号 病害虫にも 天候不順にも
              負けない土づくりの新常識 ”育土”の勧め
2 木島 敏男 連作でよく育つ野菜づくり 家の光協会
3 竹内 孝功  野菜だより 2020年1月号 超図解 連作できるぐるぐるリレープラン
4 三浦 伸章  ガッテン農法  学研

文献2
rensaku.jpg

連作障害には 次の3つのカテゴリーがあるそうです。
 1 悪い虫がとりつく
 2 悪い病原菌がとりつく
 3 野菜が発散する生育阻害物質が増える。

同じ時期に同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を作り続けると
悪い虫や病原菌や生育阻害分泌物が堆積し
連作を続けて限界の濃度に達すると発症する。

この解釈が正しければ 連作が生じやすい野菜でも
連作したら翌年にすぐ発症するというのは考えにくいのではないでしょうか。
たとえは連作をあけるべき年数が4~5年という トマトを2年続ければ
発症するでしょうか。 3年続ければ発症するのでしょうか。
かつて ブログでトマトの連作を調べたことがありますが
4,5年は連作障害なく 立派なトマトを育てられているブログを
複数見たことがあります。

上記の文献では 野菜の組み合わせを選べれば
連作は可能である むしろ 連作した方が成績が良くなると
解かれています。

ある野菜は 線虫に好まれ 線虫が増える。
一方他の野菜では 線虫を殺す成分を持つ。
二つの野菜を組み合わせて連作しても
組み合わせの妙で 被害ができない。
そして 組み合わせ連作を続けると 
育ちやすい 土壌環境 微生物環境が実現される。

4つの文献では その組み合わせが 数多く提案されている。


交互連作の組み合わせ
文献1 石原 薫
★ トマト   vs 非結球野菜 葉物野菜
★ ミニトマト vs エンドウ
★ きゅうり  vs ブロッコリー(カリフラワー)
★トウモロコシvs 白菜・キャベツ

文献2 木嶋利男
★ スイカ    vs ほうれん草
★ トマト     vs 葉物野菜
★ エダマメ   vs 白菜
★ タマネギ   vs 果菜類(ナス トマト きゅうり)
★ トウモロコシ vs キャベツ

文献3 竹内孝功
★ エンドウ   vs きゅうり
★ エンドウ   vs ナス
★ 春ジャガ  vs ネギ
★ きゅうり   vs ブロッコリー・カリフラワー
★ トマト    vs キャベツ
★ ピーマン  vs キャベツ
★ ナス    vs そら豆
★ スイカ   vs タマネギ
★ ナス    vs 白菜
★ 里芋    vs ショウガ

文献4 三浦 伸明
野菜は連作するのがよいとされているが
その組み合わせが 交互連作であるかは
判然としないものも含まれる。 
★ トマト   vs エンドウ
★ ナス   vs アブラナ科
★ ピーマン vs アブラナ科
★ きゅうり  vs エンドウ
★ きゅうり  vs アブラナ科
★ タマネギ  vs きゅうり
★ マネギ    vs スイカ
★ タマネギ  vs ズッキーニ
★ オクラ   vs アブラナ科
★ サツマイモ vs タマネギ
★ 里芋    vs アブラナ科
★ 落花生  vs アブラナ科
★ エダマメ  vs むぎ
★ きゅうり  vs インゲン
★ トウモロコシ vs ジャガ
★ ウリ科   vs ジャガ
★ きゅうり  vs 白菜

① 4つの文献で 相性の良い組み合わせは 共通するものが
  多く見られる。
②アブラナ科 ユリ科は 連作障害を回避する
  働きがあるようだ。
③線虫の被害 青枯れ病 根こぶ病などの
  連作被害は連作障害は 科をまたいで 発症する
  そうです。 文献3
④となると 連作を避けるべき年数というのは
 どういう意味があるのでしょうか。

私は 積極的に野菜の組み合わせを選んで
交互連作 ぐるぐるリレー栽培に 取り組んでみようと
考えています。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
***point*******

*****data******

連作リレー栽培にトライ・その1(4/17)


野菜づくりでは 連作障害の回避が 厄介な課題で 悩まされます。
狭い家庭菜園では 連作を回避する作付けプランはすぐに行き詰ります。

連載障害を避けるために 空けるべき期間(年数) は 
テキストによりまちまちのようです。 

文献2
rensaku.jpg

連作障害には 次の3つのカテゴリーがあるそうです。
 1 悪い虫がとりつく
 2 悪い病原菌がとりつく
 3 野菜が発散する生育阻害物質が増える。

同じ時期に同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を作り続けると
悪い虫や病原菌や生育阻害分泌物が堆積し
連作を続けて「 限界の濃度に達すると発症する。
この解釈が正しければ 連作が生じやすい野菜でも
連作したら翌年にすぐ発症するというのは考えにくいのではないでしょうか。
たとえは連作をあけるべき トマトを2年続ければ
発症するでしょうか。
かつて ブログでトマトの連作を調べたことがありますが
4,5年は連作障害なく 立派なトマトを育てられているブログを
見たことがあります。

連作を避けるべき空けるべき年数って
どう考えたらいいのでしょうか。

皆さんは連作障害を体験されたとはあるでしょうか。

私の経験では
ひとつは タマネギのベト病があります。 
ある年ベト病が発生した。
貸農園では 畝を変えた程度では それほど離れることはなく
発症が続く。 
家庭菜園ではタマネギは どうしても作りたい野菜である。
作らないという選択はできずベト病が続く。

ある年 ダイコンサルハムシが大根に取りつかれた。
翌年からアブラナ科の野菜(大根 白菜 小松菜 水菜などで)
悩まされています。 厄介な害虫です。

タマネギも 大根も連作には強い野菜と考えられています。

ベト病も 大根サルハムシも 連作をしたから発症したとは
考えにくい。 
たまたま不幸にも 取りつかれたのではないか。

連作障害を避けるために 栽培を控える年数とは
違和感があります。

障害が発生した時の解決のむつかしさは
実感していますが いまいち連作障害を すんなりとは
理解できていません。

野菜には前後に栽培する野菜には 相性がある。
連作障害を受けやすい野菜と 相性の良い野菜を選び
毎年 その組み合わせで繰り返し栽培を続けると
土壌は変化して 作りやすい土壌になるという
報告がある。

野菜は その根が 一方的に土壌から栄養素を
吸収して利用しているのではない。
根は 土壌と微生物と強い相互作用を持っている。
うまい組み合わせと実現すると 夏野菜 引き続く 秋冬野菜で
相互作用を繰り返すと 好循環が生まれることが
経験的に示されているようです。

文献1では 土壌が野菜を育てるのではなく
連作することにより野菜が 成長しやすい土壌と微生物のシステム
を作り上げることができると説明されています  これを育土と呼ぶ。

どの野菜とどの野菜を組み合わせるのがいいか
その組み合わせが 文献に紹介されています。

基本的なことは
 深く耕すことはしない。 
 折角作り始められた土壌中の微生物のシステムは壊さない。不耕起
 肥料は与えない あるいは最小限度に控える。 
 特に化学肥料に頼ると栄養バランスが壊れる。
 
うまい”表作“” ”裏作”の組み合わせを選んで
野菜を毎年作り続ける(連作する)と
連作障害が生じるどころか
だんだん作りやすい土に代わるそうです。

連作を避けるべき年数の表より こちらの育土するという
考え方の方が おさまりがいいような気がします。

参考書
1) 石綿薫 やさい畑 2021年2月号 病害虫にも 天候不順にも
              負けない土づくりの新常識 ”育土”の勧め
2 木島 敏男 連作でよく育つ野菜づくり 家の光協会
3 竹内 孝功  野菜だより 2020年1月号 連作できるぐるぐるリレープラン
4 三浦 伸章  ガッテン農法  学研

つづく 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
***point*******

*****data******

トマトとナスの垂直仕立て栽培(5/28)


トマトとナスの垂直仕立て栽培にトライ中です。

垂直仕立て栽培法 道法正徳 
出典 野菜だより  
 2018年3月号 トマト
 2018年5月号 ナス

道法流垂直仕立て栽培の考え方は 
肥料で育てるのでなく ホルモンを活性化させて育てることにあるようです。
正統派の 道法流垂直仕立て栽培は 無肥料が基本ですが
私が試みているのは 肥料を入れているので正統派とは
異なります。

とにかく根元に立てた支柱に茎をしっかり縛ることにあります。
昨年から トマトとナスでトライしています。

結果は 病気などになることなく 成果は悪くはありません。
メリットとしては
①トマトでは面倒な棚を作ることがないこと
②茎がコンパクトにまとめられるので
従来のやり方よりも密植できることです。

問題は 脇芽がたくさん出てくるために縛るのが
複雑になります。
特にトマトでは 縛り上げる際に茎と支柱の間に挟まれなどの問題があります。

脇芽の数が増えすぎてしまいます。
1か月以上経過したら脇芽は元から折りとるかナイフで切り取ってすっきりします。

まだまだ初心者で枝数が増えすぎて難儀しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
トマトの垂直仕立て栽培
DSC_0670_8.jpg
拡大
DSC_0671 (1)_8
拡大
DSC_0672_8.jpg


<***point*******

*****data******

催芽処理(5/28)


春に栽培を始める根菜類では 芽だし処理してから
本植するといいものがあります。

芽だしの準備ができていると
 欠落を避けることができる。
 栽培が早く開始できる。
 揃いがよくなる
などのメリットがあります。
催芽のスタートは 3/20ごろ
掘りだして 本植は 4月末とする。
対象とする作物は
サトイモ ショウガ ヤーコン 菊芋
さらに 長芋が考えられる。
長芋は スーパーで食用に売られているものを
切り分けて種芋にするものである。
催芽処理で 芽が出て根が出ていることが好ましいが
ショウガは 白い芽が出ても 根が出るのは時間がかかるようだが 
芽が出ていれば十分である。
芽が出ることを確認できれば 5月初めは
寒さのために腐ったりすることはない。
埋める深さは 芋の上に2cmほど土が被る程度がいいようだ。
3月初めの時期はまだまだ寒いので
日中に熱を吸収して 夜間の温度の低下を防ぐ。
マルチをする。
マルチを切り抜き 種芋を埋める。 
タネイモの深さは表面から2cm土をかぶせるくらい。
上には透明マルチを張る。
不織布をべた掛け
フィルムのトンネルにする。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
タネイモは 透明マルチの下に埋める
DSCN6686_8.jpg
温かくするために 不織布をべた掛けする。その上をフィルムトンネルで囲む。
DSCN6687_8.jpg
<***point*******

*****data******
プロフィール

biwahito

Author:biwahito
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR