FC2ブログ

菜園のドラマティックな朝(12/3)


家庭菜園って考えてみるとペイしているんだろうか。
菜園は 2カ所から借りています。
ファミリー農園とタナバタ園です。
自宅から菜園までの距離は 8km程度。 
農園は1km離れた2カ所で借りてインす。。

畝は 幅70cmで 長さは およそ2.7m。
こんな畝が 60畝ほど。
元は田んぼで土壌は重い粘土質。

菜園の作業は 早朝にしています。
目覚めが早いので 1日を有効に使うと
食事前の早朝 2時間半ほど作業して 朝食をとると
一日をを有効に使うことができます。

最近は 6時半前後に出かけます。
ちょうど朝日が昇るころです。
とてもドラマティックな時間です。


-----------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

------画像-----
10/28
1028_R.jpg
10/29
1029_R.jpg
11/01
1101_R.jpg

1112_R.jpg

1113_R.jpg

1115_R.jpg

1121_R.jpg

11109_R.jpg
11/15
DSC_2248_R.jpg
11/22 日の出直前
DSC_2324_R.jpg
11/22 日の出直後
DSC_2329_R.jpg
11/25
DSC_2408_R.jpg
12/3 いつもとは違う場所です。 TBの近くです。
DSC_2568_R.jpg

12/5DSC_2613_R.jpg



スポンサーサイト



TB4の物置の移動(11/1)


TB5-10畝が陥没 畝半分が使用不能になりました。
TB4-6にあるコンポストなど物置畝になっているので
TB5に移動します。

TB4-6の新しく作った畝は 連作障害がないので
使い勝手がいいので貴重です。

ここには 土壌改良として もみ殻をおよそ50リットルほど
投入して 有機石灰と一緒に混ぜ込んでいます。

TB5-10畝は大雨で 畝の半分以上が流れ陥没。
陥没したところに 雑草くずなど投入し得形を整えています。
ここに物置とコンポストを移動します。


-----------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

------画像-----
11/1 TB4-6 もみ殻特石をすきこみます
DSC_2042_R.jpg
11/1 tb5-10 とりあえずコンポスト仮置きです。
DSC_2044_R.jpg

-------data----------------------
11/1 TB4-6畝 物置を処分して もみ殻50リットル 苦土石灰混ぜ込んで畝の形を整える
11/1 tb5-10 畝の形を整えて コンポスト仮置き

葉物野菜の虫対策(10/25)


トンネルをしていると 虫をみつけるのはむつかしい。
ほとんど見かけることはありませんが
葉っぱに穴が開いているのはよく見かけます。

白菜が今から巻き始めます。
播き始めるときにましが入ると厄介です。
予防を含めて
ゼンターリを散布しました。
これは 回数制限もなく安全な薬品です。

9/30の記事
順調な成長です。 喜んでいたのですが
難敵 大根サルハムシがついていました。
大根は かなり大きく育っているので 被害は致命的では
ないものの 白菜や今後のカブや 水菜 小松菜
などのアブラナ科の野菜栽培には要注意です。

サルハムシ対策を確立しておく必要があります。

サルハムシに効く薬はあまり多くはありません。
アディオン 大根 4回          http://www.greenjapan.co.jp/adion_n.htm
        水菜 4回
モスピラン 大根 使用は1回のみ  http://www.greenjapan.co.jp/mospiran_sy.htm
ダントツ   大根 使用は2回まで  http://www.greenjapan.co.jp/dantotsu_s.htm
今日はモスピランを使いました。
大根は 2本仕立てから間引いて 1本立ちにしました。

モスピラン散布後 2日間観察を続けました。
虫の数は 激減したようです。
 未だ 生きているサルハはいます。
 多くのサルハは どこかに移ったように思います。
 死体はあまり見られません。 弱ったサスハもいるようです。

 絶滅はできませんが 耕かとしてはあるといえそうです。
 大根サルハムシ対応の薬は もう1回程度は必要かと思います。
 子の畝の大根に対しては このままでも大丈夫ですが
 白菜 次の大根栽培 これからの 株などにも 注意深く見ていく必要があるようでス・

 白菜のサルハムシ 白菜は大根より複雑で 確実にサルハムシに
 充てることがむつかしい。
 白菜を間引きしてサルハムシの状態を見たところでは
 瀕死の状態のサルハムシが見つかりました。

いずれにしても 早めの対策が一番大事と思います。


第1畝 TB4-2

-----------------------------
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

------画像-----
10/25
DSC_1860_R.jpg

DSC_1858_R.jpg


9/30 大根
DSC_14141_R.jpg

9/28 白菜で瀕死の大根サルハムシ
DSC_13510_R.jpg



9/27 大根第1畝
DSC_1332_R.jpg
DSC_1334_R.jpg
8/27 白菜もサルハがついています。 白菜は隠れ場所が多く探すのは大変です。
DSC_1316_R.jpg

DSC_1337_R.jpg

-------data----------------------
秋大根
☆第1畝  TB4-2
8/7 種まき 耐病総太り 15株分 株間25cm 千鳥の2条
6/9 種まき 聖護院大根 5株分
9/11 発芽確認
9/20 間引いて 1穴に2本にしました。 最終的には1本にします。
9/24 大根 サルハムシ発見 要注意。 トレボンなどの対策を。
9/27 サルハ対策としてモスピラン散布・
    大根は 2本仕立てから 間引いて1本仕立てに。
9/30 サルハムシは? サルハムシの数は 大幅に減少した。
    弱ったサルハムシは散見。 苦しみながら逃げ出したのでしょうか。
************昨シーズンdata**********
☆春大根
2/26 大根 キャベツ 白菜の種まき
4/8 畝中央を割いて追肥
5/7 大根の初収穫
★秋大根 第0畝共同畝
 種まき=8/27
11/13 最後2本収穫して終了
★秋大根 第1畝 TB4-2 
種まき 9/9 耐病総太り 18本 株間27cm 千鳥の2条
9/30 成長モードに入っています。 サルハムシは大丈夫です。
10/13 台風は無事。  成長して窮屈になったので防虫ネットは外しました。
11/14 株元に米ぬか
11/15 初収穫です。
12/11 収穫の盛り
12/18 収穫して終了 焼酎付けにしました
★秋大根 第2畝 SF2-7
種まき 9/26 耐病総太り 19本 株間27cm 千鳥の2条
9/30 発芽確認できました。
10/16 間引いて2本にしました
10/28 防虫トンネルをはずしました。
11/14 株元に米ぬか
12/11 収穫は第1畝ですがこちらも収穫サイズになっています。
1/19 3本収穫 残りは10本
2/21 残り3本 抜いてとrなりのキャベツ畝に埋めて保存します。
    自作は ジャガイモになります。
---------------

★夏大根 TB5-3  ここには大根のほかにキャベツ 春菊なども 
6/20 夏大根種まき 春ゆたか 6本分
6/30 春大根の畝にキャベツを定植 防虫ネットのトンネルに
7/6 夏大根追加の種まき 3株分
7/8 夏大根 キャベツともに順調のようです。 夏大根は間引いて1本に。
7/30 間引いて1本立ちに ぼかしでの追肥 アファーム乳剤の消毒 大根太いのは3cmφ
9/30 キャベツ 大根ともにまともなものは収穫できませんでした。 しっかり水やりが必要だったようです。 
************d昨シーズンata**********
★秋大根 第1畝 TB5-1
種まき=9/9 耐病総太り10本と冬自慢7本 株間28cm
発芽確認=9/13 大根サルハムシに蹂躙され 葉が穴だらけ。
10/19 虫取りを繰り返した一段落
10/28 間引いて1本にしました。
1/25 虫に食われて 成長は第3畝以下です
3/19 この畝の大根はまだ収穫していません
3/30 強制終了 ・地下に埋めて保存します。
★秋大根 第2畝 SF1-7 
種まき=9/28
10/13 2本に間引きました。
10/25 不織布のトンネルを外す。
10/28 間引いて1本にしました。順調な生育です。
11/26 初収穫
1/20 収穫して終了です。 寒くなっても成長を遂げ 大柄になりました。

★秋大根第3畝  TB5-6
種まき=10/9 耐病総太り17本 株間25cm
1/35 第2畝終了したのでこれからです。 今日は初収穫
2/10 なくなり次第収穫を繰り返しています。
3/26 終了です 自作はかぼちゃ

★★夏大根data* TB5-7
6/13 種まき 春ゆたか TB5-7 3本分発芽成長中
TB5-8 
6/18 種まき 春ゆたか発芽 
7/2 はつか大根フレンチブレークファスト2条の種まきと   
サラダ菜を2株植えつけました

★★春大根data*
3/11 春大根種まき 三太郎4本
3/xx 春大根種まき 三太郎4本
4/7 2本仕立てにして不織布のべた掛けから防虫トンネルに模様替え
4/20 間引いて1本に
4/26 種まき この畝に はつか大根と株張り中葉春菊
5/11 春大根の初収穫と はつか大根と春菊の間引き
6/8 春大根一旦終了

******昨昨シーズンdeta******
第1畝
 9/9 種まき 冬自慢 17本
 9/14 発芽 
 9/23 間引きして2本だち
 10/6 間引きして1本したてに。
 10/10 防虫トンネルを外す。
 10/23 台風21号で畝崩落
 11/16 崩落を逃れた1本を初収穫
第2畝
 9/13 種まき 丸大根 冬自慢
 9/23 間引きして2本だち
 10/25 中耕と追肥と土寄せ
第3畝
 10/10 種まき 耐病総太り  株間=27.5 2条
 11/6 間引きと追肥
 3/4  すべて抜いて 埋めて保存に
第4畝
 11/7 種まき 三太郎  株間=25 2条 TB5-2
 11/16 発芽確認
 3/4  たぶんこのままでは小さくてトウダチしそうなので
    2本だけ残して処分

冬支度 フィルムトンネル()10/25


急に寒くなってきました。
これからの生育を考えると 保温が重要かと。

まだ小さな野菜には
 透明トンネルを張ります。
トンネルといっても 透明マルチです。


 ほうれん草 小松菜・水菜・春菊など カブなどです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
10/25
DSC_1846_R.jpg

DSC_1849_R.jpg

DSC_1854_R.jpg

-----------

台風対策(10/9)


台風14号が接近 風対策なにもしてなかったので
急遽 雨の中 風の対策をしました。

成長途中の野菜が風にあおられるときりもみになって
大きなダメージを経験しているので 
簡単な風対策をしました。

sスティックセニョール 支柱に括り付ける
ナバナ まだ小さいので割りばしに固定する
ジャガイモ 両側に支えの横棒ではさむ
など

結局 台風は当地では
風は弱く 準備は ありがたいことには
無駄骨でした。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
DSC_1576_R.jpg

DSC_1577_R.jpg

DSC_1585_R.jpg





-----------

畝づくり(10/4)


秋・冬野菜の栽培も後半戦に練ってきました。

夏野菜は 終了して 秋・冬野菜の準備を急ぎます。

TB4 TB5の空き畝を新しい栽培畝に模様替えです。

9/26 畝を整え 苦土石灰ともみ殻のすきこみ
9/27 畝を鳴らし バーク堆肥を投入
10/3 ほかし肥と燻炭 化成肥料投入
10/4 すきこみ 均して 黒マルチを張る


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
10/4 TB4
DSC_1510_R.jpg
10/4 TB5
DSC_1515_R.jpg

9/26
DSC_1302_R.jpg

DSC_1299_R.jpg
9/27
DSC_1343_R.jpg

DSC_1344_R.jpg

DSC_1350_R.jpg



-----------

SF4 畝づくり(8/25)


SF4 畝づくり
SF4-1 元エンドエンドウ ラッキョウの予定
SF4-7 元ライムギ    わけぎ ニラなどを予定
SF4-4 元ラッキョウ     秋キュウリの予定 →未定
草を抜いて スコップで掘り起こします。
粘土質で しけっているので 土の塊をこなして
何回かスコップがけがj必要です。

少しずつ 畝を整えてきました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
8/26
DSC_0787_R.jpg
8/26
DSC_0788_R.jpg
8/26
DSC_0789_R.jpg

-----------
8/10
DSC_0667_R.jpg
8/10
DSC_0668_R.jpg
8/10
DSC_0669_R.jpg

ジャガ畝 ネギ畝の準備(8/24)


ほしネギ ジャガイモ畝の準備です。
ほしネギは 
ジャガイモは


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
8/26 SF3-6
DSC_0785_R.jpg
8/26 SF1-5
DSC_0786_R.jpg
3/26 TB3-4¥3 TB3-4
DSC_0795_R.jpg

秋・冬野菜の準備 畝作り(8/5)


秋・冬野菜の栽培準備です。

不純な天候の中の畝準備です。
基本的には 
黒マルチを張ります。 
肥料は少し少なめに 有機肥料をメインにして
化学肥料も混用します。
早めにを心がけます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----

TB園 猿が荒らしまくる(7/13)


猿が 昨年に続いて荒らしています。

13日 早朝 猿が農園を歩いているのを目撃しました。
たった一匹の猿です。
猿は普通集団で動きます。
それがたった一匹です。
最後ガードレールに乗っていたのですが
写真は取れませんでした。

農園での被害は カボチャが目立ちます。
 カボチャ トマト きゅうり ナス トウモロコシ まくわうり
 スイカ などがやられています。

私の畑では
 カボチャ トマト 枝豆 落花生がやられました。
猿対策
 カボチャ  カボチャの周りを高さ1mの獣ネットで囲む 
        獣ネットで囲んだだけではまだとられました。
        カボチャを袋で包んだ後はやられていません。
 トマト  最初はカラス対策で透明テグスを 高さ60cmほどを間隔15cmで
      張り巡らす。  大玉トマトがやられました。
      その後 大玉トマトは 全体を獣ネットで囲む。
           小玉トマトは 高さ1mを獣ネットで囲む。
      どちらもその後は被害なし。
 枝豆  1~2株 引っこ抜かれたので 防虫ネットで囲む。
      その後は被害なし
 落花生 1~2株 引っこ抜かれたので
      透明テグスで 全体を覆う。
      そのあとは 被害ありません。

猿の被害を見ていると 1っ匹が荒らしているというのは納得できそうです。
 集団で来ると  ほとんど畝全体がやられるのに対して今回は
 少しずつ被害が続く傾向があるようです。

これだか広い菜園であるので比較の問題であろうかと思われます。
 隣の畝は ほんの少しガードしてあれば ノーガードの方を
 かじることになるようです。
カボチャな一番被害が多いようですが
 地ばい寄りも立体棚づくりの方が やられやすいようです。
 要するに目につきやすいからです。

猿にとっては 取り放題の環境で
 目立ちやすい作物 少しでもガードしていれば荒らされにくいのは
 事実だろうと思うが これは相対的なもので
 なくなれば 多少のガードは意味がなくなるでしょう。
 
厄介な問題です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
------画像-----
ごく最近にかじられたカボチャ
DSC_0356_R.jpg
ここのガードレールに乗っているのを最後に姿は見失いました。
DSC_0362_R.jpg
猿対策 カボチャ
DSC_0393_R.jpg
猿対策 トマト
DSC_0397_R.jpg
猿対策 枝豆と落花生
DSC_0395_R.jpg

プロフィール

biwahito

Author:biwahito
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR